ブログにおける目次の必要性についてユーザビリティとSEOの観点から考える

ブログに目次って必要? SEO

ブログやメディアでよく見かける目次。ワードプレスのプラグインでは「Table of contents」が有名で、個人ブログでもよく用いられています。

しかし、目次を使っていないサイトも多々あります。

実際のところ、この目次ってあったほうがいいのか無いほうがいいのか、どちらなのでしょうか。

そこで今回の記事では、目次を設置するメリットとデメリットについて、ユーザビリティとSEOの観点から考えてみます。

ユーザー目線からの目次の存在意義

文字数が多い記事の場合、特定の情報のみを得たいユーザーにとって、長い文章を流し読みしてその情報を探し出すのは非常に手間です。

そういう時に、目次でその情報が書いてある部分を示してくれていると便利です。

もう一度記事を見返した時にも、わざわざスクロールせずに見たい部分に飛べるので、後から参照するのも楽になります。

ただ、あまりにも見出しが多いと、目次だけで画面いっぱいに広がってしまい邪魔な印象を与えることもあり得ます。

SEO対策としての目次

目次にはSEO対策としての効果も期待できます。

目次に使用される見出しへのリンクはGoogleのクローラーも見ており、Google検索結果に表示されます。

これで検索上位になりやすくなるのかについて明確な根拠はありませんが、Googleが検索結果の一要素として載せるくらいの情報なので、ユーザビリティの高いサイトだと評価される可能性は十分にあります。

目次への個人的見解

私としては、目次は不要だと考え、設置していません。

理由としては単純で、私が他のサイトを見た際、目次がダァーっと書かれていると「うわ、長っ」と思ってしまい、読む前からテンションが少し下がるからですね笑。ただ、特定の部分だけ知りたい場合に数千文字に及ぶ長文の中から探すのは面倒でもあります。

かつて、ワードプレスのプラグインについて調べていて「ワードプレスとは」から解説されていたサイトを見た際には、「目次くれよ」と思いました。

ですので個人的には、目次の必要性は記事スタイルによる、という結論に至りました。

具体的には、2~3000文字で終わる程度の記事には不要で、ある事柄について網羅的に書いた長い文章の場合は目次を設置したほうがいい、と考えています。

当ブログの記事は長くても大体3000文字前後で収まるので、目次は設置していません。

目次を使うならユーザビリティ第一で考えよう

目次を設置する際にはユーザビリティ第一で考えるようにしましょう。

ユーザーに配慮した目次は、ユーザーに配慮した見出しを作ることと同義ですので、文章の流れが綺麗にまとまった質の良い記事となります。

ユーザビリティを考える→記事の質が高くなる→コンテンツSEO対策になる。これは最強です。

目次に結論を書くのは効果的

結論を先に書いちゃったらその部分だけ読んで離脱されない?と思うかも知れませんが安心してください、されません。

なぜなら、「結論から言うと、このサプリはお肌に良いです」と先に書かれていたからといって、ユーザーがすんなりと「そうか、お肌に良いんだ!」と納得するわけではありません。

必ずその次の「何故お肌に良いと言えるのか?」という部分が気になって、その理由が書いてある文章をしっかりと読んでくれます。

ゆえに、結論は記事タイトルに書かれていようが、前書きに書かれていようが、見出しに書かれていようが、どれも一種のライティングとして効果的です。

知りたい情報がパット見ではどこに書かれているのかわからず、瞬時に戻られて別のサイトに移動されてしまう可能性のほうを危惧しましょう。

目次の項目は多すぎないようにしよう

長い文章だと、見出しの数によっては目次の項目が多くなる場合もあります。

それだと、私のように「長っ」と感じる人もいるかもしれないので、h3・h4タグは除外し、h2タグのみを目次として利用する等の設定も視野に入れると良いでしょう。

また、目次はあくまで記事を読みやすくするための補助でありメインではありませんから、目次が主張しすぎると邪魔に感じられるかもしれません。

スマホで読む場合、目次って割と簡単に縦いっぱいを占めたりするので、ユーザビリティ低下にもなり得ます。そういったことも考えつつ調節しましょう。