なぜコンテンツが大事なのか?というコンテンツSEOの基礎を解説します

コンテンツSEOとは?という疑問に回答します SEO

検索エンジン最適化(SEO)には様々な手法がありますが、2019年の今最も注目されているのが「コンテンツSEO」です。

今回の記事では、コンテンツSEOとは一体なんなのかとそれが何故SEO対策として重要視されているのかについて解説していきます。

コンテンツSEOとは

コンテンツ(サイトの内容)の質を高めることによって、検索エンジンからの評価を高める手法です。

コンテンツSEOは比較的昔からある手法ですが、かつては被リンクや中古ドメインなどのブラックハットSEOや、長文SEOなどのホワイトではありますが検索エンジンを意識するあまりユーザビリティを損なうようなSEO対策が主流でした。

しかし2019年現在では、技術の進歩に伴って検索エンジンの精度も上がり、サイトの質を正確に評価できるようになりました。

そこでコンテンツSEOの注目が高まったというわけです。

コンテンツがなぜ重要なのか

検索エンジンの価値とは何でしょうか?

ユーザーに対してどういったサービスをしたいと考えているでしょうか?

そこを考えれば、コンテンツの重要性がわかります。

良質なコンテンツを提供することは検索エンジンの理念と合致する

検索エンジンの目的は「ユーザーにとって有益な情報を与える」ことです。

ユーザーが調べたいと思ったことを検索エンジンに打ち込んで検索し、検索エンジンはその答えを返す。

そこでサイト作成者がすべきことはただ一つ。

その検索エンジンから返される答えとして選ばれやすいようなサイトを作る、つまり良質なコンテンツが含まれているサイト作りを心掛けることです。

コンテンツの質が良ければ、ユーザーは有益な情報を得られたと感じ、満足度が高まります。

なので、コンテンツの質を高めることは検索エンジンからの評価を高めることにも繋がります。

良質なコンテンツであることは新たな相乗効果を生む

前述の通り、コンテンツの質が高いことは検索エンジンにとってだけでなくユーザーにとっても良い体験になります。

また、良質なコンテンツで構成されているサイトは検索上位に載りやすいだけでなく、ユーザーの「アクセスした後」の行動を促すことにも繋がります。

ユーザーがサイト内を回遊して色んな記事が読まれることでPV数や滞在時間が伸びます。

更には、「この記事わかりやすい!」といった感じでSNSでシェアするなど、ユーザー側がサイトを広めるための行動を起こしてくれることも期待できるでしょう。

このように、コンテンツに拘ることは皆にとってハッピーな結果をもたらすわけですね。

この記事のまとめ

ここまで、コンテンツSEOの概要とコンテンツがなぜ重要なのかを解説してきました。

コンテンツはサイトの要であり、検索エンジンからの評価基準でもあり、サイトに訪れたユーザーが一番に見る部分でもあります。

サイト作成者として、そこを蔑ろにするわけにはいきませんよね。

良質なコンテンツであることは被リンクなどのブラックSEOと違い悪質ではありませんから、ペナルティの危険性もありません。

コンテンツSEOにおけるデメリットは、「良いコンテンツを作成する労力」以外はゼロといって良いでしょう。

ユーザーにとって良い体験をさせられる有益なサイト作りを頑張っていきましょう!私も頑張ります。